Home » ブログ » 【中古マンションのフラット35】適合証明業務

【中古マンションのフラット35】適合証明業務建築サロンVOID!

category : ブログ 2016.5.18

2016-05-18 15.47.09

今日は三条東山のあたりで、
中古マンションのフラット35の適合証明業務を。

フラット35は、民間のローンに比べ審査基準が緩いと言われており、
フリーランスのような働き方をする人が増えてくると、
こういった業務が今後増えてくるかもしれませんね。

建築確認日が昭和56年6月1日以後の場合、
もしくは、
建物の表示登記日が昭和58年4月1日以後の場合は、
「新耐震」という区分になります。

void architects一級建築士事務所では、
新耐震の中古マンションフラット35の適合証明業務を受付しております。

Copyright(c) 2016 建築サロンVOID! All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.5.3