Home » スタッフ

スタッフ建築サロンVOID!

 

keisukeyoshida

吉田 圭佑
void architects一級建築士事務所代表
一級建築士 宅地建物取引士
JSHI公認ホームインスペクター 既存住宅状況検査技術者 木造耐震診断資格者
フラット35(中古)適合証明技術者 京都府木造住宅耐震診断士
京都市木造住宅耐震診断士 京都市京町家耐震診断士

1978年生まれ。
大阪工業大学建築学科を卒業後、建築設計事務所にて住宅設計に携わる。
建設会社にて現場監督に携わった後、
2013年に「吉田圭佑一級建築士事務所」を京都府宇治市に設立。
2014年、宅地建物取引業の許可を取得し、不動産業務を開始する。
京都市左京区に事務所を移転し、「void architects一級建築士事務所」に改称。

中古建築のリノベーションに携わり、
古民家や長屋、空き家が抱える建築と不動産のあいだの領域、
そして、そこに人が集まることで生まれる「場」について日々考えています。
近年はインバウンドによる京都の旅館需要の高まりから、不動産投資案件となる建築物の診断業務、診断結果から費用対効果の高い改修内容とする提案などが増えてきています。

genkiueda

植田 元気
VOID綜合行政書士事務所代表
行政書士

1984年生まれ。
2013年まで大阪市淀川区役所の職員として、公務員の立場から地域コミュニティづくりの業務に携わる。
しかし、公務員の立場からのコミュニティづくりについて、制約や限界を感じて退職する。
京都市左京区にある自宅を「京都アカデミックスペース学森舎」として外部に開き、これが現在のコミュニティづくりの礎となる。
同志社大学、左京区役所、社会福祉協議会等でコミュニティづくりをテーマにした講義や講演を行う。
自宅を外部に開いたコミュニティづくりが各種メディアから注目され、「リアル30,s(毎日新聞)」「VOICE(毎日放送)」「ソトコト(木楽舎)」「SUUMO」などから取材を受け掲載される。
2015年、無印良品グランフロント大阪様、無印良品イオンモール京都様から依頼を受け、
イベント「町家がつなぐコミュニティ」展のディレクションを行う。
シェアハウス(ルームシェア)のプロデュースおよび運営・管理を行う。
ギャラリーの運営・管理を行う。
2016年、VOID綜合行政書士事務所を設立。ゲストハウス、旅館業の申請に関する業務を開始する。
2017年、ゲンロンカフェ(東京)にて「建築×都市×インターネット」と題したトークイベントをプロデュースし、司会進行を行う。
Airbnbを活用した旅館業の運営代行業務を開始する。外国人とコミュニケーションを取り、京都の街を案内することもある。

人と交流することが好きです。
そして、「人と人が交流している空間をつくる」ことに歓びを感じて、日々活動しています。

 

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2014 建築サロンVOID! All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.5.3