Home » VOID!とは?

VOID!とは?建築サロンVOID!

VOID!

VOID!は住宅のリノベーションや賃貸、売買などを総合的に扱う不動産コンサルタントです。

一級建築士による空き家の現状把握、行政書士への不動産相続の相談、

売却・賃貸運営を想定した補修工事などの工務店業務から不動産の仲介まで承ります。

VOID!では安易な改修工事を実施するのではなく、依頼主様の予算や活用の希望等をお聞きしながら、物件が最もそのポテンシャルを発揮できるような活用方法をご提案いたします。

また、VOID!は本来プライベートである自宅をサロンとして外部に開く「住み開き」を通じたコミュニティづくりに取り組んでいます。

民間企業様や地域とも連携し、地域の文化や豊かなライフスタイルを外部に向けて発信するイベント企画を積極的に行なっています。

■VOID!では、「建築と不動産とアート」の横断力で「場づくり」する活動を行っています

 建築や不動産といった領域は、くらしの様々な場面で必要になります。
くらしについて関わることが、建築や不動産の領域に関わることにもつながってきます。

 建築というハコには、ナカミが必要です。VOID!は建築をつくったり、不動産として既につくられた建築を探してくる事務所ですが、ハコとナカミの連動や相乗作用を大切にしたいと思っております。

住み開きプロジェクト「学森舎」Gakushin

学森舎

 VOID!から徒歩30秒の非常に近い位置に京都アカデミックスペース「学森舎」があります。

 VOID!共同代表の植田元気が主宰する、プライベートな家という空間でありながらも集会所や公民館のように解放されたパブリックな空間です。

 毎日様々な人と人との緩やかであり自由なつながりが生まれています。

コワーキングスペースVOID!Coworking

VOID

 VOID!はコワーキングスペースとしてご利用いただけます。

 また大学生・大学院生の方などは自習室としてご利用頂く事も可能です。

 初回来場時の2時間は0円! 見学を兼ねてご利用ください。(※ただし予約制とさせていただきます)

ドローン同好会Drone

drone

 VOID!ではこれから需要が高まりつつあるドローンの操縦について関心をもっております。アメリカでは建築や不動産の撮影にドローンが用いられることも増えてきているようです。

 現在、DJI製のドローンPhantom3を1機所有しており、ドローンの活用方法や操縦の練習について実験を繰り返しています。

京北宇津銀座プロジェクトKeihoku Utsu

宇津銀座プロジェクト

 山間部地域の旧農協の建物をリノベーションして、都会から訪れた人と田舎に住まう人との交流地点をつくるプロジェクトです。

 近くには宇津峡公園キャンプ場もあり、バーベキューや川遊びができる、京都市中心部から車で1時間の場所です。

多次元ギャラリー「キョロキョロ」Gallery

キョロキョロ

 多次元ギャラリー「キョロキョロ」は、京都造形芸術大学の学生によるDIYにより誕生しました。

 ジャンルにとらわれない自由な展示形態で、さまざまな方にご利用いただけます。

私塾「学森舎」Terakoya

terakoya

 手持ちの問題集や宿題を勉強するスペースを提供し、わからないところが出てきたら質問を受け付けて回答する、「授業の無い塾」です。科目は大学入試レベルの数学、物理などの理系科目で募集しています

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2016 建築サロンVOID! All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.5.3